不眠は体調不良の原因|不足がちな栄養素はサプリで摂取

男性

心と体をケアしましょう

医薬品

人により症状が違います

更年期障害は女性を中心にさまざまな症状を引き起こします。全ての女性が発症するわけではなく20から30%の人が病院で診断され、人により症状の程度が異なります。更年期障害の主な原因に卵巣機能の低下があります。卵子の量は徐々に少なくなっていき、閉経により女性ホルモンのバランスが崩れていきます。最近では女性だけでなく男性にも起こるといわれ、定年後の長年の職場環境の変化や自分の性格も原因といわれています。ホルモンの低下は漢方薬やホルモン補充療法を行うことで緩和させていきます。薬物療法により女性ホルモンの成分であるエストロゲンなどを補てんしていきます。ホルモン剤を投与するとほてりや多汗など、閉経に伴い起こる更年期障害の症状が緩和されていきます。

精神的悩みを解決しよう

更年期障害はほてりや多汗以外にも頭痛や動悸、不整脈を引き起こします。肌も乾燥することが多くなり、痒みを伴うことがあります。また、膀胱や周辺の筋肉が萎縮することから頻尿に悩むこともあります。身体的症状以外にも精神面での不安が増え、イライラしたり憂鬱状態を引き起こすと、別の薬物療法によって治療していきます。身体的不具合は内科を受診しますが、心療内科と提携して心と体の両面から薬物療法とカウンセリングを行うことが早期緩和に繋がります。抗うつ薬や抗不安薬を使用することで自律神経の障害や感情をコントロールしている神経伝達物質の動きを改善し、夫婦間の喧嘩や介護の苦しみ、過去の自分との落差への悩みなども前向きに捉えながら生活できるようになります。

Copyright© 2015 不眠は体調不良の原因|不足がちな栄養素はサプリで摂取All Rights Reserved.